やマグロの脂身 トロ

dhaとは、「ドコサヘキサエン酸」の略称で健康生活には欠かすことのできない必須脂肪酸のひとつです。
私たち人間の脳や心臓、胎盤や精子そして母乳に多く含まれる大切な栄養素です。

dhaには、記憶や学習といった脳に働きかける力を生み出し又今ではコレステロールや中性脂肪の低下効果、目の発達への効果そしてアトピーなどのアレルギーや癌への効果もあるといわれています。
しかし、こんなに大切な栄養素でありながら体内で作り出すことはほとんど出来ず、食事から摂るしかありません。

そんなdhaが特に多く含まれているのが、さば・あじ・いわしなどのいわゆる「青魚」やマグロの脂身(トロ)です。
これら脂の乗った魚を一週間に3回ほど食べるとよいとされています。
もともと日本人は魚を多くとる民族でしたが、調理の手間や価格面そして食生活の欧米化に従い魚から肉中心の食生活に変わってしまいました。

厚生労働省発表の「日本人の食事摂取基準」によると、若い世代はもちろん、魚を比較的食べているとされる50代以上の人たちも不足しているとされています。
dhaが添加されたフィッシュソーセージなどの加工食品やサプリメントを上手にとりいれながら不足分を積極的に補うことが大切です。